中越交通株式会社

タクシーを呼ぶ

グリーン経営認証

「グリーン経営」は国土交通省、(社)全日本トラック協会、(社)日本バス協会、全国乗用自動車連合会の協力のもとで、交通エイコロジー・モビリティ財団による地球温暖化と環境汚染などの環境保全活動の審査基準により運送業界における環境負荷の低減につなげていくための目に見える制度です。
交通エコロジー・モビリティー財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて、一定レベル以上の環境保全活動を実施している運輸事業者に対して認証・登録を行う「グリーン経営認証制度」が平成16年度からスタートしています。

中越交通は、低公害車両の導入、エコドライブやアイドリングストップの社員教育の徹底等、従来から環境に配慮した経営に積極的に取り組んできたことが認められ、環境にやさしい企業として、グリーン経営(環境負荷の少ない事業運営)の基準により、全営業所の認証を取得(2006年1月)致しました。
中越交通ではタクシー事業における環境負荷軽減への積極的な取り組みをこれからも継続して行きたいと思っております。